女性ホルモンのバランスの乱れがシミの原因に?

思春期の頃から活発に分泌される女性ホルモン。
女性らしい体を作ったり妊娠や出産のためにも必要なものですが、30代後半になるとその分泌量が次第に減少します。
また年齢に関係なく、生活習慣が乱れるとバランスが乱れてしまいがち。

 

そもそも2大女性ホルモンのうちの一つ“エストロゲン”は“美肌ホルモン”と言われています。
生理後から排卵前には分泌量が増えてお肌の状態もよくなりますが、生理前から生理中はほとんど分泌されないため、紫外線の影響を受けてシミが増えやすいのです。

 

さらに女性は妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れるため、肌荒れやシミが増えたと感じる人が増加します。
加齢や妊娠で多少シミが増えてしまうのは、やむを得ないことかもしれません。

女性ホルモンのバランスを整える方法

「シミや肌トラブルが急に増えてきた」
「理由は分からないけど体調の悪い日が多い」

 

という時は女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。

 

ひどいと更年期症状のような体のだるさやほてり、イライラなどの症状が出ることもあり、婦人科で治療(ホルモン注射など)を受ければ体調不良や肌トラブルも改善することがあります。

 

さらに、

  • しっかりと睡眠をとる
  • バランスのとれた食事をとる
  • 運動する習慣をつける

(有酸素運動で全身の血流がよくなれば女性ホルモンが安定して分泌されるようになります)

 

ストレスもホルモンバランスの乱れにつながるのでうまく息抜きをして解消していきたいですね。

体の内側と外側からのケアも大切

女性ホルモンのバランスを安定させるためには規則正しい生活を心掛けること、そしてシミを増やす原因となる紫外線対策も必要で、日焼け止め+日傘や帽子があれば万全です。

 

さらに増えてしまったシミには美白化粧品などを使った毎日のケアと、意外と知られていないサプリや医薬品を使った体の内側からのケアが有効です。

 

どちらかと言えばサプリよりも第三類医薬品に分類されるものの方が効き目は高いです。
市販品でも病院で処方してもらえる薬と同じ成分が使われているものもあり、人気の商品は3か月使って効果を実感できている人もいます。

 

シミを薄くするためにも体の中と外の両側からアプローチをしていきましょう。

この記事を読んだ人は
こんな記事もチェックしています

紫外線
お肌にシミを増やしてしまう原因はいくつもありますが、やはり紫外線が一番の原因であることは誰でも分かっていることです。しっかりと紫外線対策をしたつもりでも増えてしまうシミ、でもできるだけ早くケアすれば薄くできます。まずは紫外線でシミができるメカニズムと対策について知っておきましょう。
ストレス
シミの原因はいくつもありますが、ストレスも原因の一つです。現代社会に生きる私たちはストレスが全くないという人はいません。「自分のシミはストレスのせい」と感じている人はストレスをこれ以上溜め込まないこと、そして今日からしっかりと肌ケアが必要です。
食べ物
顔や体にシミを増やしてしまう原因は紫外線だけではありません。実は普段何気なく食べているものがシミを増やしてしまっている可能性があります。気にしすぎるのもよくありませんが、食べ過ぎや食べるタイミングに注意したい食べ物を紹介します。
お肌の乾燥
女性は男性よりもお肌の乾燥を感じている人が多く、放置しておくとシミやしわの原因となってしまうため、しっかりと肌を保湿することが大切です。ここではお肌の乾燥がなぜシミを増やしてしまうのか、どのようにケアをしていけばいいのかを紹介します。