えっ、それもシミ?シミの種類とその原因&対策 まとめ記事一覧

30代後半、もしくは40歳を過ぎて増えたシミは老人性色素斑です。稀に20代で増える人もいますが、主に頬に1センチ前後の大きさでうっすらとできて放置しておくとその色もだんだん濃くなり、最初はあいまいだった輪郭もはっきりしてきます。シミが気になる人の大半がこの年齢に集中しているため、老化現象の一つと言っても過言ではありません。老人性色素斑ができる原因は“紫外線”紫外線にあたるとお肌の奥深くにあるメラノ...

シミを消してくれる化粧品には“シミ、そばかすに”と謳っているものもあるので同じ種類だと思われがちですが、もちろん別のものです。そばかすは医学的に言えば“雀卵斑(じゃくらんはん)”と言い、シミと同じく頬にできやすいのですがシミよりも小さく複数できます。そばかすが増える原因の一つが“遺伝”です。子供の頃からそばかすがある人は親や祖父母からそばかすができやすい体質(絶対にできるわけではない)を受け継いで...

ニキビや肌荒れ、そしてケガが治った後にできるシミを正式には炎症性色素沈着と言います。例えばニキビの場合は原因となるアクネ菌を退治するために発生するのが“活性酸素”ですが、活性酸素がニキビ跡を作ってしまうためアクネ菌を増殖させないための対策が必要です。ニキビ以外でも、、、洗顔や基礎化粧品を使ってお肌を強く刺激して肌荒れを起こす肌の弱い人が合わない化粧品を使ってかぶれるやけどやケガ(一時的にできる炎症...

シミにはいくつも種類がありますが、肝斑と同じく年齢を重ねてできやすい老人性色素斑とは特に見分けがつきにくいです。簡単に違いを見ると、、、肝斑頬の目の下あたりに左右対称にできる。形が肝臓に似ていること、もやっとした形で肌との境目がわかりにくい。眉間やあごにできることもある。老人性色素斑境目がはっきりしている。形が円形、もしくは楕円形に近く、左右対称になることはない。肝斑の原因はまだはっきりとしていま...

脂漏性角化症は別名“年寄りイボ”とも呼ばれていて、最も大きな原因は“皮膚の老化”です。特徴は以下のとおり。40歳になる頃から増え始める人が多い顔、首、背中、脇などに数ミリのものから2センチ程までに成長するさわるとザラザラしている形はシミのような平坦なものや、イボのように盛り上がっているものもある大きなものが一つだけだったり、小さなものがいくつかできる人もいる20代でできてしまう人は“遺伝”の可能性...