肝斑と他のシミの違い、できるメカニズムは?

シミにはいくつも種類がありますが、肝斑と同じく年齢を重ねてできやすい老人性色素斑とは特に見分けがつきにくいです。

 

簡単に違いを見ると、、、

 

肝斑

頬の目の下あたりに左右対称にできる。
形が肝臓に似ていること、もやっとした形で肌との境目がわかりにくい。
眉間やあごにできることもある。

 

老人性色素斑

境目がはっきりしている。
形が円形、もしくは楕円形に近く、左右対称になることはない。

 

肝斑の原因はまだはっきりとしていませんが、肝斑を発症するのは女性だけなので女性ホルモンが関係しているのは確かでしょう。

 

加齢もそうですが、ストレスや生活習慣の乱れが重なると女性ホルモンのバランスが乱れてしまい発症します。

 

さらに30〜40代で妊娠して発症する人もいますが50歳前後の閉経を迎える頃には薄くなる人が多いです。

肝斑にオススメの対策は

紫外線対策

肝斑の主な原因が女性ホルモンのバランスの乱れだからと言って紫外線対策は不要というわけではありません。

 

紫外線を過剰に浴びることも肝斑の原因の一つなので、普段から日焼け止めと帽子や日傘を使った紫外線対策が必要です。

 

生活習慣の見直し

乱れた女性ホルモンのバランスを整えるためには規則正しい生活が必須です。

 

バランスのよい食事と十分な睡眠、ストレスを溜めない、そして有酸素運動で全身の血流がよくなれば女性ホルモンの分泌も促されます。

 

肌の外側と内側からの対策

肝斑を改善するためには病院で治療を受ける方法はありますが、セルフケアでも可能。

 

お肌の外からは肌の漂白剤と言われているハイドロキノンが有効で、市販の塗り薬があります。

 

そして体の内側から女性ホルモンのバランスを整えたり、肌の新陳代謝を促進する成分が含まれたサプリや医薬品を使ったケアがおすすめです。

 

例えば、全身の血流をよくしてくれる生薬は女性ホルモンの分泌を促してくれます。

 

またL-システインやビタミンEなど肌を美白する成分も有効です。

 

肝斑は治りにくいと言われている分、体の外側と内側からのアプローチは必ずやっておきたいですね。

この記事を読んだ人は
こんな記事もチェックしています

老人性色素斑
年齢を重ねて増えたシミは“老人性色素斑”である可能性が高いです。シミにはいくつかの種類がありますが、一番悩まされている人が多いのがこの老人性色素斑。一体このシミの原因は何で、どんな対策をしていけばいいのかをここでは紹介します。
そばかす
“そばかす女子”をかわいらしいと思う男性もいるようですが、やはり女性にとってはシミと同じくない方がいいものの一つです。そばかすができる原因はシミと共通している点とそうでない点があります。どのような対策が必要かを合わせて紹介します。
ニキビ跡(炎症性色素沈着)
ニキビができても綺麗に治る場合と、跡になってしまう場合があります。後者の場合、放置しておくと一生消えることのないシミになってしまうこともあるため早めの対策が必要ですが、具体的に何をすればいいのかをここでは紹介します。
脂漏性角化症
年齢を重ねてからお肌に突然できるホクロのようなもの、これは脂漏性角化症の可能性があります。形状によっては老人性色素斑と似ているため見分けがつかないこともありますが、数が増えれば見た目もよくないため早めの対策がおすすめです。