老人性色素斑ができるメカニズム

30代後半、もしくは40歳を過ぎて増えたシミは老人性色素斑です。

 

稀に20代で増える人もいますが、主に頬に1センチ前後の大きさでうっすらとできて放置しておくとその色もだんだん濃くなり、最初はあいまいだった輪郭もはっきりしてきます。
シミが気になる人の大半がこの年齢に集中しているため、老化現象の一つと言っても過言ではありません。

 

老人性色素斑ができる原因は“紫外線”
紫外線にあたるとお肌の奥深くにあるメラノサイトという細胞の中でメラニン色素が作られます。
通常28日のターンオーバーでこのメラニン色素も剥がれ落ちますが、年齢を重ねるとこのリズムも乱れがちで、メラニン色素が固着するのが老人性色素斑です。

 

ちなみに老人性色素斑は手の甲や前腕、デコルテなど、しっかりとケアをしても紫外線の影響を受けやすい部位にもできやすいです。

 

「若い頃は特に気にすることなく無防備に日焼けをしていた」という人は、年齢を重ねてその影響が出ているのでしょう。

増えてしまった老人性色素斑の対策は?

老人性色素斑の対策は病院で治療を受けるか、自分で対策をするかの主に2つです。
どちらの方法を選択する際にもこれ以上数を増やさないように普段から紫外線ケアは必要です。

 

病院で治療を受ける

シミの数があまりにも増えて気になるようであれば病院でレーザー治療を受ける方法があります。

 

レーザーにはメラニン色素を破壊してくれる作用があり、即効性が期待できるのがメリットです。

 

しかし確実ではないこと(シミの種類によっては以前よりも濃くなってしまう可能性もある)、そして病院でも美容目的であれば保険が適用されないため、シミの数が多いほど高額になります。

 

そして治療後は今まで以上に入念な肌ケアが必要です。

 

自分でケアする

できてしまったシミを薄くするためには肌の外側から化粧品を使ったケアを、そしてサプリや医薬品を使ったケアもおすすめです。

 

肌の漂白剤ともいわれているハイドロキノンや、シミの原因であるメラニン色素を破壊して排出してくれるL−システイン+ビタミンCの組み合わせがおすすめで、化粧品やサプリ、医薬品にこれらが含まれているものが販売されています。

 

セルフケアは病院治療よりも効果が出るまでに時間がかかりますが、リスクはほとんどありません。

 

サプリや医薬品を使って早い人では1か月も使えばシミが薄くなってきたことを実感できています。

 

肌の内側とお肌の外側から行う対策でシミができにくい肌質になれたらうれしいですね。

この記事を読んだ人は
こんな記事もチェックしています

そばかす
“そばかす女子”をかわいらしいと思う男性もいるようですが、やはり女性にとってはシミと同じくない方がいいものの一つです。そばかすができる原因はシミと共通している点とそうでない点があります。どのような対策が必要かを合わせて紹介します。
ニキビ跡(炎症性色素沈着)
ニキビができても綺麗に治る場合と、跡になってしまう場合があります。後者の場合、放置しておくと一生消えることのないシミになってしまうこともあるため早めの対策が必要ですが、具体的に何をすればいいのかをここでは紹介します。
肝斑
30代を過ぎて頬骨のあたりに左右対称にできるシミは肝斑(かんぱん)です。シミにもいくつかあるうち“治りにくい”と言われているやっかいなものですが、他のシミと比べても区別がつきにくいです。できてしまったらどのように対策をしていけばいいのか、ここでは紹介します。
脂漏性角化症
年齢を重ねてからお肌に突然できるホクロのようなもの、これは脂漏性角化症の可能性があります。形状によっては老人性色素斑と似ているため見分けがつかないこともありますが、数が増えれば見た目もよくないため早めの対策がおすすめです。