脂漏性角化症の原因は?

脂漏性角化症は別名“年寄りイボ”とも呼ばれていて、最も大きな原因は“皮膚の老化”です。

 

特徴は以下のとおり。

  • 40歳になる頃から増え始める人が多い
  • 顔、首、背中、脇などに数ミリのものから2センチ程までに成長する
  • さわるとザラザラしている
  • 形はシミのような平坦なものや、イボのように盛り上がっているものもある
  • 大きなものが一つだけだったり、小さなものがいくつかできる人もいる
  • 20代でできてしまう人は“遺伝”の可能性が高い
  • 形がいびつだと皮膚がんの可能性もある

皮膚が老化してしまう原因として紫外線によるダメージが考えられます。

 

若い頃から紫外線対策をせずに無防備に日焼けをしてきた人はそのツケが回ってきている、と言っても良いでしょう…。

 

ただし、脂漏性角化症は医学的に見ると良性の腫瘍なので、特別に治療が必要なわけではありません。

 

それでも顔や首はその数が増えると目立ってしまうため、早めに取りたいと考える人が多いです。
病院ではレーザーで除去したり、液体窒素で冷却する治療が行われます。

脂漏性角化症の対策は?

脂漏性角化症は60代で8割の人ができるというデータがあります。

 

今は症状が出ていない人も将来のためにケアが必要。
そして今現在悩まされている人の中には「老化が原因なら対策をしても意味がない」と思うかもしれませんが、ホームケアでも改善することは可能です。

 

紫外線&保湿対策

肌を老化させる紫外線は症状を進行させる原因となるため、普段から日焼け止めを使ったケアが必要です。

 

紫外線は肌のバリア機能を壊してしまい、そこから水分が抜けだして肌が乾燥する原因にもなるため、保湿対策も必要です。

 

肌の外と内側からの対策

実は脂漏性角化症のケアにはハトムギ(ヨクイニン)や杏仁が有効と言われていて、脂漏性角化症対策専用のジェル化粧品やオイル、そしてハトムギ茶で対策する人もいます。

 

さらに脂漏性角化症は老人性色素斑から成長することもあり、老人性色素斑の時点で適切にケアすれば脂漏性角化症への移行を防ぐことができます。

 

美白成分が含まれたクリームや美容液、そしてメラニン色素を破壊して排出してくれる成分や、新陳代謝を促進してくれる成分が含まれたサプリや医薬品があります。

 

脂漏性角化症は一度セルフケアで治っても再発することがあるため、できにくい体作りが大切!
そのためにも、皮膚に塗るだけでなく体の中からも改善していきましょう。

この記事を読んだ人は
こんな記事もチェックしています

老人性色素斑
年齢を重ねて増えたシミは“老人性色素斑”である可能性が高いです。シミにはいくつかの種類がありますが、一番悩まされている人が多いのがこの老人性色素斑。一体このシミの原因は何で、どんな対策をしていけばいいのかをここでは紹介します。
そばかす
“そばかす女子”をかわいらしいと思う男性もいるようですが、やはり女性にとってはシミと同じくない方がいいものの一つです。そばかすができる原因はシミと共通している点とそうでない点があります。どのような対策が必要かを合わせて紹介します。
ニキビ跡(炎症性色素沈着)
ニキビができても綺麗に治る場合と、跡になってしまう場合があります。後者の場合、放置しておくと一生消えることのないシミになってしまうこともあるため早めの対策が必要ですが、具体的に何をすればいいのかをここでは紹介します。
肝斑
30代を過ぎて頬骨のあたりに左右対称にできるシミは肝斑(かんぱん)です。シミにもいくつかあるうち“治りにくい”と言われているやっかいなものですが、他のシミと比べても区別がつきにくいです。できてしまったらどのように対策をしていけばいいのか、ここでは紹介します。